So-net無料ブログ作成
気になるニュース・国内 ブログトップ
前の1件 | -

小保方晴子は正しかった!STAP現象を米国研究者が再現 [気になるニュース・国内]

米国をSTAP現象を証明!



小保方晴子さんの発見は真実だった!ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。

◆ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました


【小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された】
 小保方晴子さんは細胞培養中、細胞にストレスをかけると分化多能性を持つようになるアイデアが浮かんだという。今回のネイチャーの報告書で小保方さんのアイデアの本筋は間違っていなかった事が証明された。小保方さんは細胞にストレスをかける実験は低酸性液だけではなく、細胞膜に穴を開ける方法や物理的圧迫なども試し、多能性マーカーを発現するようになった、と報告している。

【STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した】  物理的圧迫で細胞が初期化し、多能性を持つとする現象が報告された事により、細胞がリプログラミングする事がある、という事が解った。「細胞はいったん分化したら未分化の状態に戻る事は無い、細胞は分化が進んで行くだけ」「体細胞が未分化細胞になり、幹細胞状態として身体組織を作れるようになるなんて事はない」とするSTAP否定派はこの実験結果をどのように捉えるのか?

 論文に引用された小保方さんの論文。 ハーバード留学時代に書かれ、再生医学専門誌「ティッシュ・エンジニアリング誌」に掲載された「The Potential of Ston Cells in Adult Tissues Representative of the Three Gern Layers」

体細胞が多能性を持つようになる研究が実験段階である事を示すために引用されています。博士号を授与される前に、多能性細胞について書いた論文が一流の研究者達の参考になっているのです。小保方さんはこの論文を元に博士論文を書きましたが、間違って草稿を製本し早稲田大学に提出したために、「不正により学位の授与を受けた」と判定され、学位を剥奪されました。
出典:小保方晴子さんの発見は真実だった!ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。 : 小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会





スポンサードリンク





忘れてはいけない1人の命を・・・


このニュースを受けて多くの人が手のひらを返したような態度になっています。

「私は小保方さんのことを信じていた」なんて都合のいい事を言っている人を見ると馬鹿なんじゃないかと思います。

小保方さんの事件で自殺した人も出ているというのに。

しかしもっと驚くべきことは、マスコミの対応です。

STAP細胞が嘘だったと発覚した時はどこも我先にと報道していたのに、今回STAP現象がアメリカが証明したというニュースを報道しない。

これは明らかにおかしいことではないですか?

死人が1人でているのに、だれも謝罪をしようとしない。

誰もが、「自分には責任がない」と思っているのだとしたら、これは怖いことです。
まるで、日本国民全員でその事実から目を逸らそうとしているみたいで怖いです。

ネットがあるからだれでも面白半分で批判して楽しんで。
これではまるで日本国民全員が共犯者みたいじゃないか。

誰の責任でもないとしたら、日本国民が全員で人を1人自殺に追い込んだようなものです。

誰かに責任を負わせようとしているのが私はすごく怖いです。

今回小保方さんのSTAP現象が実際に証明されたということは良いニュースです。

しかし、その裏には1人の犠牲がいたという事実をきちんと覚えてもらいたいことだと思います。
前の1件 | - 気になるニュース・国内 ブログトップ
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。