So-net無料ブログ作成
検索選択

高良健吾が演じる芥川龍之介がハマりすぎとネットで話題に!! [芸能ニュース]

スポンサードリンク





高良健吾が芥川龍之介の幽霊を演じる『蜜のあわれ』



大正から昭和に活躍した詩人・小説家の室生犀星(むろう さいせい)が発表した小説を映画化した『蜜のあわれ』で、芥川龍之介の幽霊を演じた高良健吾の場面写真が公開され、あまりにも似すぎているとネットで話題になっています。


映画は、変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子(二階堂ふみ)と老作家(大杉漣)の関係を中心に、老作家を慕う幽霊・ゆり子(真木よう子)、老作家と友人だった作家・芥川龍之介の幽霊(高良)たちが2人の生活に影響を与えていくさまを幻想的に描くという内容です。

早速似過ぎていると話題になっている、高良健吾さんの演じる芥川龍之介の画像をご覧いただこう。

高良健吾 芥川龍之介.jpeg

画像を見てみると確かにそっくりですね。

スポンサードリンク




高良健吾さんは現在放映しているドラマ『いつか子の恋を思い出してきっと泣いてしまう』などで演技力を高く評価されている高良健吾さん。

「蜜のあわれ」では芥川龍之介の髪型をさいげんし、相手をいすくめるような眼光をたたえて本人になりっています。

芥川龍之介の実の孫である、アクタガワタカトシさんも「この作品を通じておじいさんに会えた感じがしました。」とコメントをしています。


そんな話題になった映画。
「蜜のあわれ」は4月1日から全国で公開されるということです。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。