So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョージ・マーティンが90歳で死去。ジョージ・マーティンの活躍とは? [芸能ニュース]

スポンサードリンク




「5人目のビートルズ」ジョージ・マーティンさん死去 90歳



「ザ・ビートルズ」の作品をほぼプロデュースしたことから「5人目のビートルズ」と呼ばれた英音楽プロデューサーのジョージ・マーティンさんが亡くなった。90歳。9日、海外メディアが報じた。

 ビートルズのドラマー、リンゴ・スター(75)はツイッターで「ジョージ・マーティンに神のご加護を。あなたの愛に感謝します」などと追悼。

 故ジョン・レノンとオノ・ヨーコ(83)の息子、ショーン・レノン(40)もツイッターで「言葉がありません。安らかに眠ってください」などと追悼メッセージを送った。

 マーティンさんは1962年、ビートルズを見いだし、96年、音楽界への貢献からナイトの称号を贈られた。98年、ビートルズのトリビュート盤「イン・マイ・ライフ」をプロデュースし、発表した。  

 Yahooニュースより引用

 
ジョージ・マーティンとは一体どんな人物なのか?



スポンサードリンク





ジョージ・マーティンさんとはビートルズのほぼ全作品のプロデューサーを務めた人です。

そのことから「5人目のビートルズ」と呼ばれるようになった人物です。

1996年には音楽会への貢献でイングランド国王より、ナイトの勲位を授与されたこともあり、サー(Sir)の称号を与えられたこともあります。

ジョージ・マーティンさんはロンドンのはイバリーで生まれ、6歳で音楽に興味を持ち、8歳からはピアノの指導を受けていました。

しかし、母親とピアノの講師と折り合いが悪く、その後は独学でピアノを学びました。

ジョージ・マーティンさんは最初は音楽家になる気持ちはなく、17歳で「イギリス海軍艦隊航空隊」へ入隊をしました。
(艦隊航空隊とはイギリス海軍の航空機をつかさどる部門である)

ジョージ・マーティンさんは退役後ギルドホール音楽演劇学校へ入学しました。

ギルドホールの音楽演劇学校ではくらっ如く音楽の基礎を学びながら、お〜b−絵とピアノを専攻。

その後の1962年にビードルズを見出したことによりプロデューサーとして大成功を収めました。
1度は聞いたことがあるはず!ビートルズの名曲を紹介



スポンサードリンク





今の若い人たちにとってはビードルズを知っている人は少ないかと思います。

しかし、ビートルズを知っている人にとってはジョージ・マーティンさんはビートルズにとってなくてはならない存在でした。

ネットでも

「一つの時代がおわった」と言われ、ジョージ・マーティンさんの死を偲ぶ声が多く目立ちます。

しかし一つの時代が終わったからといってビートルズの功績がなくなるわけではありません。

今回の訃報により、多くの人が「ビートルズ」について知ることができたかと思います。

そこで今回はビートルズの名曲を何曲か紹介しようと思います。
あなたもどこかで聞いたことがある曲があると思います。



この曲はHelpという曲です。

この曲は「開運なんでも鑑定団」のテーマソングで有名でよね。

ある店ではこの曲が流れると「レジが混んでいますよ!」というお知らせだったとか・・・



この曲はOb-La-Di, Ob-La-Daという曲です。

アサヒビールの『アサヒオフ』のCMで使われた曲です。



この曲はYesterdayという曲です。

下校時刻のお知らせでおなじみの曲です。

音楽の教科書にもおなじみの曲ですね。


さて、今回は3曲を紹介しました。
一度は聞いたことのある曲があったのではないでしょうか。

気に入った曲があれば、同じアルバムの収録曲や同じ年代の曲を聴いてみると他にもあなたが好きな曲と出会えるかもしれませんね。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。