So-net無料ブログ作成
検索選択

清原和博元選手が覚せい剤所持の容疑で逮捕!?その真相は・・・ [気になるニュース・国内]

スポンサードリンク




清原和博元選手が覚せい剤所持の疑いで逮捕?



清原和博元選手が2日に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されました。

清原元選手といえば、西武や巨人で活躍していたプロ野球選手でしたね。

清原容疑者は、週刊誌でも薬物使用の疑惑が何度か報じられていました。

しかし去年の8月23日に放送された「ダウンタウンなうSP」では清原容疑者は

「(薬物を使用したことは)ないですよ」
ときっぱりと否定していました。

そんな清原和博元選手が逮捕というニュースが報道されました。

なので今回その真相を調べてみました。

スポンサードリンク





清原容疑者の最初の薬物使用の疑い・・・


初めて清原容疑者が薬物中毒を疑われていたのは2014年3月11日に発売された「週刊文春」でした。

まずはその原文をそのまま見てもらいましょう。

薬物中毒か、それとも糖尿病か──。球界の番長を巡る重大スキャンダルの浮上で、開幕間近のプロ野球が激震に見舞われた。かねてからさまざまな「奇行」が目撃されてきただけに、そのイメージは黒一色へと転化。キャッチした「タブーな素顔」を全て書く! 〈清原は今年1月下旬から体調を崩し、病院で診察を受けた結果、糖尿病と診断されました。(中略)3月4日までの6日間、病院で糖尿病の治療のため入院していたにもかかわらず、(中略)このような記事を掲載したことから、清原の名誉を毀損したものとして、弊社は弁護士を通して、訴訟をも含めあらゆる法的手段を通じて徹底的に抗議することを検討しております〉  球界の番長・清原和博氏(46)の所属事務所が3月6日、マスコミ各社に送った抗議のファクスには、このように書かれていた。  矛先が向けられたのは「週刊文春」の「清原和博緊急入院薬物でボロボロ」なるタイトルの記事だった。記事では、清原氏が「覚醒剤などの薬物の禁断症状に苦しんでいる」として、「精神科の病院に極秘入院して“シャブ抜き”が行われた」との友人の証言を紹介。さらに、「テレビ番組の撮影中に突然、体が震え始めた」「ロレツが回らなくて何を言っているか分からない」という関係者のコメントも掲載し、清原氏を直撃した際もロレツが回っていなかったと報じた。清原氏サイドは薬物ではなく糖尿病だとして、これに真っ向から反論した形だ。スポーツ紙デスクは、 「清原氏は、数々の芸能人やスポーツ選手を患者に持つ、ニンニク注射で有名なH医師の診察を受けていた。(現役時代から痛めていた)膝の鎮痛剤を処方してもらっていたようで、酒と併用する、あるいは副作用でラリってしまうことがあるそうです。糖尿病なのかどうかはわかりませんが‥‥」  としたうえで、現役時代のこんなエピソードを明かすのだ。 「ある選手の勧めで巨人時代、グリーニーという興奮剤の一種を服用していたというんです。試合で集中力が増すから、と。そういえば、真夏なのに熱いコーヒーを飲んでいて、変だなとは思いました。グリーニーはカフェインと併用すると効果が倍増することから、混ぜて服用することが多いんです」  さらに引退後、確かに何らかの薬物使用を連想させる怪言動はままあった、と話す球界関係者もいる。 「バラエティ番組などテレビの収録でロレツが回らなかったり、目があらぬ方向を見ていたりすることが頻繁にあったようです。さらにドーンと気分が沈んだり、あるいはハイになったり、という姿も見られている。仕事がものすごいストレス、プレッシャーになったようで、抗うつ剤などの精神安定剤を飲んでどうにかこなすこともありましたが、(収録が)終わった時のダメージはかなりのものだったといいます」  今年2月21日、巨人の沖縄キャンプに清原氏が突然登場した。黒いサングラスをかけてチョビヒゲを生やし、白のVネックシャツに上下真っ白のスーツ、素足に革靴という、およそグラウンド上にはふさわしくない異様な格好だった。「カタギには見えない」というチーム関係者の声が噴出する中、原辰徳監督(55)も驚きの表情を見せる。 「球場が大騒ぎになりました。原監督は仰天しながらも、しぶしぶ清原氏をベンチに入れましたが、あとで『あれは何とかしないとマズイだろ』と憤慨していました」(球団関係者)  清原氏は原監督と並んで座り、練習を視察。その横にはスーツにネクタイ姿の小久保裕紀氏、桧山進次郎氏の姿があり、清原氏の異様な風体は際立っていた。選手たちは「(清原氏が)何を言っているのかわからない」と首をひねっていたという。  清原氏は広島キャンプも訪問。この時はスーツにネクタイ姿だったが、 「朝からロレツが回っていなかった。選手やチーム関係者、報道陣は『もう酔っ払ってるんじゃないの』と口々に言い合っていたほどです」(カメラマン)  これも鎮痛剤の影響、あるいは糖尿病の症状だったのか──。 ◆アサヒ芸能3/11発売(3/20号)より


その後に2015年8月28日に放送された「ダウンタウンなうSP」に出演した清原元選手。

その時には「入れ墨の有無」と「薬物使用疑惑」について疑惑について言及されていました。 

ダウンタウンの浜田雅功さんが「クスリやってんの?」という

直球の質問に清原元選手ははっきりと否定しました。

「風邪薬はやりましたけど・・・」
「やっぱり恨みつらみ買ってるんですよ。そいつらが言うんですよ」と薬物使用疑惑については完全否定していました。

そして今年の2月2日に警視庁が清原和博容疑者を逮捕しました。

容疑は「覚せい剤所持違反」です。

これからの検査によって覚せい剤を使っていたのかどうかがはっきりわかるでしょう。

清原和博元選手が薬物使用をしていないという情報が入るといいですね。

清原和博選手のファンには落ち着かないニュースですね。

これからのニュースの続報が気になりますね。

この記事をまとめた感想



清原元選手の覚せい剤取締違反のニュースは衝撃でしたね。

以前から噂になっていたとはいえ、あまり信じたくないニュースですね。

ですが、火のないところに煙は立たないという言葉があるように、以前から
薬物使用の疑いがあったという事実からすると薬物使用をしていたのかもしれませんね。

選手時代の活躍を知っている身としては、本当に薬物使用をしていたとは
信じたくないニュースです。

清原元選手が無実であることを祈りたいですね。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。